製品情報
音元出版 オーディオ銘機賞2007受賞

従来のアンプでは得られなかった「真のリニアリティ」、「真のハイスピード」を実現。
高解像度・高分解能とナチュラルな音質を両立し、極限に迫るストレスフリーを実感。
既成概念を打ち破った未知の世界が、今ここにあります。
 
Product Features

回路における抑圧因子・モジュレーションを徹底排除
完全バランス・CR型・完全無帰還・完全DC増幅回路
既に、高い評価のあるTBC-Zero(プリアンプ)に使用された増幅回路の基本回路を定数の変更と、イコライザー素子の追加により実現した、ナチュラル&ストレスフリーな音質をもつフォノイコライザーアンプです。当然、TBC-zero同様の究極とも言えるノンカラーレーション、実使用時における聴感上のS/N・Dレンジ・分解能の高さには特筆すべきものがあり、アナログディスクのもつ高音質・情報量の多さを、確実に再認識させられます。
エミッタ抵抗レス出力段
TBP-Zero、TBC-Zeroにも採用され、すでに高いドライブ能力が証明されている、エミッタ抵抗レス出力段回路を採用。(新開発のバイアス/温度補償回路の採用 :特許出願中)

新開発DCサーボ回路採用
通常のDCサーボとは異なり、完全にDCまでフラットに再生できるディフレンシャルDCサーボ回路を新開発。これにより、無帰還アンプでありながら高い安定性を確保すると共に、郡遅延特性がDCまでフラットになる事により、DC~超低域~低域での過渡応答・混変調特性の大幅な改善なされています。

大容量電源回路
強力なドライブ能力を支える電源回路には、大容量低磁束密度トランス+ローノイズショットキー整流ダイオード+15000uF × 4個の大容量電解コンデンサ。 小型パワーアンプ並みの容量を持つ非常に贅沢回路設計となっています。

理想的なコンストラクション
電源及び全ての入出力信号の流れに従った理想的な部品配置・配線

 

 

開発コンセプト及び技術概要

TBP-Zero(パワー)及びTBC-Zero(プリ)において、少なくとも「本質的な音質向上」の具現化が計れたものと自負しており、これらアンプの音は従来のアンプに残されていた問題点を排除する事により必然的な結果として得られた音だと考えています。

新製品TEQ-Zero(フォノイコライザ)も前記のZeroシリーズ同様の開発コンセプトにより、従来のフォノイコライザアンプでは聴く事の出来なかった音までを、アナログディスクから引き出す事を目標とし開発が行われ、音質も本質的な音質向上を目標としたプリ・パワーと同様に、意図的な音作りは行わずスルー&ストレスフリー・ノンカラーレーションを実現したフォノイコライザアンプです。
当然、これを実現するためには、一般的な従来回路・方式に手を加えるだけでは不可能です。
 幸いな事に、すでに各方面において高い評価を頂いたTBC-Zero(プリ)に使用された増幅回路(完全バランス・完全DC無帰還アンプ回路)の基本回路構成をほぼそのままに、定数変更とイコライザ素子の付加、及びサーボ回路の方式の検討を行う事により、世界初の完全バランス入出力・CRタイプ無帰還完全DCフォノイコライザを実現する事ができました。TBC-Zero(プリ)と基本回路は同一である事からも、出力段にはエミッタ抵抗レス出力方式を採用しています。

■カラーレーション・モジュレーション排除の為の必然
 ゲインの高いフォノイコライザまでも完全DCアンプにする事は容易な事ではありませんが、このこだわりは単に新規性を狙った訳ではなく、アンプのカラーレーション・モジュレーション要因を排除するために必要な条件だったからに他なりません。
TEQ-Zeroではこれを実現するためにTBC-Zeroのために開発された、完全DCまでリニアに増幅可能なサーボ回路(ディフレンシャルサーボ回路)をさらに発展させた回路方式を採用しています。
Zeroシリーズのアンプは、アンプから最終的に出てくる音(音声信号)は、「入力信号がアンプの増幅回路内を通過する間に受ける電気的モジュレーション(動的な回路の非直線性・電源ノイズ等による変調)と機械的モジュレーション(内部・外部振動による変調)を受けた結果として出てくるものである」と言う認識にたち、このモジュレーションを極力受けにくい構造・回路を検討し採用しています。
当然、TEQ-Zeroにおいても、従来のアンプ設計手法と比較して全体的にインピーダンスが1桁低いと言える設計がされており、回路の低インピーダンス化は、特に高域~高周波領域におけるモジュレーションの低下に、完全DC化はDC~低域超~低域信号帯域における過渡応答及び混変調特性が大幅に向上します。これによりTEQ-Zeroは全帯域にわたって音声信号のモジュレーションによる音質劣化を極小化しています。

■アナログレコードの情報量への再認識
TEQ-Zeroにより、アナログレコードには「予想以上に多くの情報が入っているという事を再認識させられます。
実際にTBC-Zero(プリ)とTBP-Zero(パワー)を組み合わせた場合には、フォノ入力~スピーカー出力まで、完全バランス・完全DCのシステムが実現されることになり、この組み合わせによる音は、中域~高域~超高域はもちろん、特に超低域~低域信号の再現能力は、従来のフォノイコライザでは聴くことの出来なかった音質であり、「より録音ソースの本質に迫ります」。全帯域においてのモジュレーションの少なさと、この事による付帯音の少なさ(滲みの少なさ)、高分解能かつ非常に高い聴感上のS/Nは従来アンプでは体験できなかった音であると言えます。

■完全DCアンプ・DCサーボの音について
当社ではTBP-Zero(パワー)の開発時の初期段階において一般的なDCサーボ回路(従来アンプのサーボ時定数を10~100倍大きくしたもの)の採用を予定していたのですが、各種モジュレーション要因の排除か進むにつれ、特に低音域での「DCサーボ」の音がより明確になり、この音はサーボ回路の時定数の変更やサーボICの変更等では逃れられない回路動作上の本質的な問題点であることが確認できました。
完全DCアンプの音は一聴すると低音が出ていないように感じますが、暫く聴きこんでいくと音量や単なる量感とは異なるエネルギーを持った低音を聴く(感じる)事を体感でき、そうなるとDCサーボアンプの持つ音の不自然さが峻別する事が出来るようになります。
 このような理由から、TBP-Zero(パワー)ではサーボ回路を使用しない完全DCアンプ。TBC-Zero(プリ)では無帰還・完全DCプリアンプを実現するため新方式のDCサーボ回路(ディフレンシャル・サ-ボ回路)を開発し採用しました。 この方式はアンプ回路で発生したオフセット電圧のみを検出し、このエラー電圧のみによるサーボ動作を行うというものです。つまり、アンプ入力に入ったDC成分はサーボ動作の対象とならず、そのまま増幅され出力される。つまり完全にDC増幅が可能で、当然周波数特性・位相特性も完全にDCまでフラットです。 また、基本となるアンプ回路の安定度をサーボ回路を使用しなくても実用上問題ないと言えるレベルまで確保した上で、音質に対する影響の少ない方法(段間電流注入方式)、かつ最小限のサーボ帰還とする事によって高音質・高安定度を確保した無帰還完全DCアンプとしました。
 TEQ-Zeroでは上記のディフレンシャル・サ-ボ回路をさらに発展させ応用する事によって完全DCフォノイコライザを実現しています。
プリアンプ(ラインアンプ)は、可聴帯域では入力信号に対して出力信号は相似の関係であるため振幅さえ合わせて引き算をすれば、比較的簡単に入出力の差分を取り出す事が出来ますが、フォノイコライザの場合には、入力信号に対して出力信号が低域側で大きく、高域側で小さくなる周波数特性を持っているため(RIAAカーブ)、そのままでは差分を取り出せません。このためTEQ-Zeroではメインのイコライザーアンプと、その他に同様の特性(イコライザカーブ)を持つ引き算用の信号を得るためのサブイコライザーを持ち、この2つの差分をサーボ回路に入力する事によりサーボ動作を行わせています。

■電源回路
TEQ-Zeroの電源回路はTBC-Zero(プリ)と同一の電源回路となっており、小型パワーアンプ並の電源トランス+高速ローノイズ整流ダイオード(ショットキー)+大型電解コンデンサ(50V15000μF×4)を使用した左右独立電源回路となっています。ディフレンシャルサーボ方式によって、出力DCオフセット電圧の安定度が確保できる事から、定電圧電源回路も基板上にローカル電源としてNFBを使用しない(モジュレーション要因の少ない)無帰還方式の電源が使用されています。

 

 

Specifications

最大出力電圧 10[Vrms]
周波数偏差 20Hz ~ 20kHz (±0.25dB)
回路方式 入出力完全DC、CR型無帰還フルバランスEQアンプ
増幅素子 FET入力+バイポ-ラトランジスタ
入力方式 RCA(UNBAL)×4 or XLR3Pタイプ (BAL)
ゲイン 約40dB(at 1KHz)
入力インピーダンス  27KΩ(UNBAL) 54KΩ(BAL)
出力インピーダンス  47[Ω](UNB) 94[Ω](BAL)
歪率特性 0.02%以下 (20Hz~20k:5V出力時)
メイン電源SWはサーキットブレーカ
その他機能 EQカーブ切り替え(RIAA or OLD-LP or SP-1,2,3)
定格使用電圧 AC100V 50/60Hz 45W
外形寸法 W :346mm H:200 mm D:425 mm
重量 約 20kg


  ※仕様は予告なく変更する場合がございます。あらかじめご了承ください 。
   
TB-Zero/int
TBC-Zero/EX
TBP-Zero/s
TBP-Zero/EX
TEQ-Zero/EX
TMC-Zero
 
 
メンテナンス
コンサルティング
 
 
   

I Home I Company I Products I News I Dealers I Contact I

本社ショールームで全てのテクニカルブレーン製品のご試聴ができます。お気に入りのCDやレコードをお持ちください。
なお、電車でお越しの方はご予約いただければ、JR川越線 的場駅までお迎えに上がります。
また、各製品の貸出試聴を行っていますので、お問い合わせください。
喫茶コーナーも併設していますので、お気軽にお立ち寄りください。

Copyright(c) 1997-2017 Technical Brain, Inc. All rights reserved.

住所: 埼玉県川越市笠幡215-2(Map
TEL: 049-234-1109 (テクニカルブレーン)
049-234-5515 (カナン)
FAX: 049-234-1167 (共通)
営業時間: 9:30~18:30
定休日: 月曜日・火曜日(祝祭日は営業、翌日以降休み)
  駐車場完備
   
Home 会社案内 製品情報 ニュース 販売店情報 お問い合わせ JAPAN ENGLISH